多肉格闘記・入門編

2016年9月から多肉植物を育て始めました。元気で可憐な多肉植物を育てられるような栽培記録としていきたいです。

今朝の多肉。メキシカンジャイアントなど紅葉開始。その他、多肉シーズン真っ盛り

ども。おはようございます。

すっかり涼しくなり、多肉シーズン真っ盛りですね。

各地で多肉イベントが開催されており、私も遠征にでも行きたいな...と思いつつも、並ぶ、待つが大嫌い、セッカチな私にはムリですね。でもうらやましいなぁ。

春秋型(大多数ですが)の多肉植物が成長期でベストシーズンです。

 

銀天女

グラプトペタルム属。半年ほど前ネットでポチっとしてしまったもの。学名は、Graptopetalum rusbyi。北部メキシコやアリゾナ州やの岩の間などに育つようで、明るい日陰好きとのこと。ロゼットの大きさも、2~6cmが標準サイズなので、これ以上は多くなりそうもないです。

結構地味です。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20181020100551j:plain

参考)過去記録

www.taniku-life.com

 

 

メキシカンジャイアント

うって変わって綺麗です。成長するとロゼットの大きさは、30cmほどになるようですが、何年かかるのでしょうか…。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20181020102549j:plain

 

多肉を育て始めた、2年ほど前に、あまりに姿のいい、メキシカンジャイアントに出会って、大切にしてきたのですが、夏に腐らせ葉挿しに挑戦。結局育たず、失敗を繰り返してきた、メキシカンジャイアントです。

参考)結局失敗した葉挿しでした…。

www.taniku-life.com

 

紅葉が始まって、ほんのりとピンクに。リベンジ、30cmをめざします!

f:id:Sanpo-yoshi2016:20181020103354j:plain

 

桃太郎

「チワワエンシス」と「リンゼアナ」の交配種で、エケベリア界では超メジャーで、人気のエケベリア。綺麗で丈夫で育てやすい、三拍子揃ってます。

 爪がいい!

f:id:Sanpo-yoshi2016:20181020103616j:plain

 

ミニマ

名前通り、あまり大きくならないミニマ。学名:Echeveria minima。ミニマも爪が魅力的です。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20181020104834j:plain

 

最近、ネットの翻訳機能の進化のおかげで、多肉の海外記事をよく見ます。ヘンテコな日本語なんですが、何となく意味がわかるのでおもしろいです。

ではいい週末を!

新入り多肉のご紹介。エケベリア・メキシカンシス・ザラゴーザ

ども。

また、新入り多肉のご紹介です。今回もいとうぐりーんさん産。

 

メキシカンシス・ザラゴーザ

出身地…不明です。

ネットで探したのですが、はっきりした出所、交配親等ヒットせず…。エケベリアではよくあることですが、韓国生まれの交配種でしょうか?

f:id:Sanpo-yoshi2016:20181014144732j:plain

 

日の当たり方で、微妙に色が違ってみえます。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20181014144826j:plain

 

 2.5号の鉢ですが、まだまだ小さい苗です。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20181014144950j:plain

 

鋭い赤い爪で、ザラゴーザの仲間であることは間違いないでしょう。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20181014145151j:plain

 

エケベリア界、相変わらず、何でもありでむずかしい…。

【スポンサーリンク】