多肉格闘記・入門編

2016年9月から多肉植物を育て始めました。元気で可憐な多肉植物を育てられるような栽培記録としていきたいです。

エケベリア・シャチ(鯱)から、普通のアガボイデスが育ち、株分けして成長中です!

ども。

度々ご紹介している、エケベリア・シャチですが、実は、つぶつぶで可愛い本体株を、この夏に枯らしてました!

ショクで記事にできませんでした。お察し下さい(笑)

 

シャチは、エケベリア・アガボイスの東雲(しののめ)が、綴化(てっか)したものです。綴化している株からは、正常な株も生えてくることもあり、私のラウリンゼは、綴化株から、正常ラウリンゼが増植しています。

参考)ラウリンゼ綴化

www.taniku-life.com

 

 

同じように、シャチも正常な子株を株分けしてしていました。

www.taniku-life.com

 

これが現在の姿です。すっかりアガボイスで、東雲ぽくなってきました。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20181209114001j:plain

 

つぶつぶの本体株が枯れる寸前、小さな正常株も、一部枯らしてしまったのですが、何とか育ってくれています。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20181209114220j:plain

 

それだけではなく、何と!シャチの葉挿しも密に成長していました。

参加)シャチの葉挿し

www.taniku-life.com

 

あんな小さな細い葉っぱが。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20181209114507j:plain

 

やってみるものです!

今朝の多肉。エケベリア・エボニーの中心に巣を作った害虫発見!

ども。あはようございます。

今朝は、エケベリア・アガボイデス(Echeveria Agavoides)です。

原産地はメキシコで、”アガボイデス=アガベに似たもの”という意味だそうです。

参考)アガベ(私もいつかは育ててみたいです)

 

そんな、アガボイデス を今朝はご紹介です。

 

エボニー

Echeveria Agavoides 'Ebony'

Ebony(エボニー)=”黒檀”という黒い高級木材で、タンスや仏具などに使われています。エッジの色が、黒檀の色に似ているところからついた名前のようですが、我が家のエボニーのエッジは、まったく黒くないです!

それよりも、何やらフンのようなものが・・・

f:id:Sanpo-yoshi2016:20181209103441j:plain

 

だれ? 

f:id:Sanpo-yoshi2016:20181209103759j:plain

 

とりあえず 、ピンセットでクモの糸のような巣は破壊したのですが、葉っぱには黒いシミが…。害虫の本体も見つからず、しばらく様子を見ようと思います。

ネットで調べたのですが、害虫は特定できませんでした。土にオルトランDXは混ぜているのですが、効き目がなくなったのでしょうか。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20181209104000j:plain

 

気を取り直して、その他のアガボイデスです。

 

エボニー・サリトレラ

Echeveria  Agavoides 'Ebony', Salitrera

夏に消えてしまった、葉先の色も戻ってきました。 

f:id:Sanpo-yoshi2016:20181209104825j:plain

 

ルブラ

Echeveria Agavoides 'Rubra'

'Rubra'は、ラテン語で赤という意味だそうですが、紅葉途上といった感じです。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20181209110353j:plain

 

オレンジ・エボニー

韓国苗です。オレンジにはまだほど遠いです。 

f:id:Sanpo-yoshi2016:20181209111014j:plain

では、またです! 

【スポンサーリンク】