多肉格闘記・入門編

多肉初心者の栽培日記です。

サボテン相談室で多肉狩り。デレンベルギー(静夜:エケベリア属)とピンクプリティ(グラプトベリア属)仲間入り。

ども。

週末、実家に帰省しており、途中遠回りして、「サボテン相談室」に寄ってきました。

目印のフォルクスワーゲン

f:id:Sanpo-yoshi2016:20170612224806j:plain

 

サボテン相談室は、エケベリアが非常に豊富です。園主の羽兼さんは、多肉界では有名な方で、圧巻の多肉揃えです。

羽兼さんの本

多肉植物エケベリア Guide To Echeveria

多肉植物エケベリア Guide To Echeveria

 

素晴らしい多肉が多いのですが、もちろん高価なものも多くで、「宝くじさえ当たれば…」と思ってしまいます。私の多肉資金で、手が出る範囲で多肉狩りをしてきました。

 

デレンベルギー(静夜:エケベリア属)

原産地:メキシコ南部

静夜が「デレンベルギー」と言うことを、この記事を書いていて、初めて知りました。まだまだですね。静夜はもう1種類、高密度のロゼット状のものがあるようですので、忘れていた、年初の目標を思い出し、もう1種類も見つけたいと思います。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20170613000404j:plain

子株も出ています。群生タイプなので、今までのように、強引な解体はせずに、少し大きめの鉢で、群生を目指したいと思います。

 

ピンクプリティ(グラプトベリア属)

「グラプトベリア属は、グラプトペタルム属とエケベリア属の交配種」これを、何度も書きましたが、何度書いても覚えられない・・・。何の交配種か不明ですが、おいおい調べていきたいです。

名前がかわいいのですが、狩ったきたものは、それほど、ピンクではありません。どちらかと言うと紫色?

f:id:Sanpo-yoshi2016:20170613001835j:plain

 

すけべ心で、花が咲いているものを選んできました!実生、成功するまで何度でもやりまっせ!

f:id:Sanpo-yoshi2016:20170613002036j:plain

 

せっかく、サボテン相談室に行ったのに、狩ったのはこの2つだけです。多肉資金は限りがあり、しょうがない。飲み会も大事ですからね。では。

コンパクツムですが、うどん粉病ではなく、ハダニでした。多肉植物の初めてのハダニ対策!

ども。

いい天気の週末でしたね。

タイトゴメの中に、赤ちゃんカマキリを見つけました。いや、カマキリは、生まれた時からハンターなので、赤ちゃんは失礼ですね。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20170612220525j:plain

 

先日、うどん粉病と思っていたコンパクツムですが、じっくり、ルーペを使って葉っぱを見てみると、オレンジ色の小さい奴が、うごめいているが見えました!

うどん粉病ではなく、ハダニだったようです!うどん粉病の薬を買おうと思っていたので、ルーペで見て良かったです。最近、老眼が酷くて...。

 

うどん粉病と勘違いしていた症状

f:id:Sanpo-yoshi2016:20170604085332j:plain

 

これ、ルーペでの拡大画像。さすがにルーペ+携帯では、うまく撮れなくて、イメージ的に見ていただければ。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20170612221113j:plain

 

早速、ダニ退治のために、ホームセンターへ。ストレートなネーミングの「ダニ太郎」を買ってきました。被害はまだ、コンパクツムだけだったので、しばらく様子を見ようとも思ったのですが、見てしまったからには、しょうがないですね。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20170612221313j:plain

 

ダニ太郎ですか、軽量カップがついていて、希釈が楽でした。ダニ太郎0.5mlを、500mlのペットボトルニに入れ、水で割って1000倍に。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20170612221646j:plain

 

これでもか!と言うぐらい、コンパクツムに霧吹きで、ダニ太郎をかけまくりました。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20170612221949j:plain

さて、どうなりますかね。では!続きはまた!

【スポンサーリンク】