多肉格闘記・入門編

多肉初心者の栽培日記です。

熊童子(コチレドン属)の白斑入り

ども。

いい天気の週末。週末のみの多肉初心者ですが、ちょっとずつ更新していきますね。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20161203110023j:plain

熊童子(くまどうじ)

原産地:南アフリカ

ホームセンターで比較的安価で売っており、購入しました。

爪があり、熊の手のような葉の形から、この名がついたようです。葉に水を貯め、水をやりすぎると、葉っぱがマルマルとして、爪も肉に埋没した、メタボな熊の手となります。

カッコイイ熊の手の形を、維持するためにも、気にすることは、水をやりすぎないことだけかもしれません。(まだ、冬・夏を超えていないので何とも言えませんが…)

 

うちには、もう一つ、白斑入りの熊童子があります。

”斑”読めますか?”フ”です。私も”モン”と呼んでました。シロモン入りと…。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20161203111532j:plain

狩ってきた(久しぶりに使いました)時から、あまり元気がなかったのですが、今もあまり元気なし。もっと、葉っぱがぷっくりしてほしいですね。ぷっくり系好きです。

 

あと、ウチにはないですが、黄斑入りの熊童子もあります。何度か多肉屋さんの店先で見かけたのですが、その時はあまり気にしてなく、シカト素通りしていたのですが、白を狩ったら、黄色も欲しくなり、そんな欲が出てくると、まったく見かけなくなりました。来年は出会いたいです。MISSING YOUかな。

 

仲良く、パチリ。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20161203112641j:plain

ヨシ

【スポンサーリンク】