多肉格闘記・入門編

多肉初心者の栽培日記です。

多肉初心者が初めての寄せ植え。多肉達を想定した姿で植えるの難しかったです。

ども。

今日は初めて、多肉の寄せ植えをやってみました。

植え替えに適した時期は春なのですが、もう私の気持ちは春なので問題なし!

とりあえず行動です。

 

1.準備したもの

いきなり貴重な多肉を使う勇気はなく、自分的にそれなりにと思える多肉を準備。寄せ植えする予定の多肉は、プロリフェラ、白牡丹、ブロンズ姫、ハンメリー、虹の玉、新玉つづり、春萌。

鉢、多肉用土、発泡スチロール、底石。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20170305151944j:plain

 

2.鉢の準備

鉢の土を出し、発泡スチロールを用意

f:id:Sanpo-yoshi2016:20170305153629j:plain

 

発泡スチロールをどう使うかというと、鉢が深いため、土を入れると重くなるし、多肉はそこまで根が深くないので、底上げ材として使用します。

底穴をネットでふさいで、その上に底石を少し入れ、その上に、発泡スチロールを手で割って入れていきます。発泡スチロールをあまり細かくすると、土と混ざって、後日処分するときに、分別が大変なので、ざっくりこぶし半分サイズぐらいで。

発泡スチロールは、スーパーでタダでもらえます。私は押入れの中にあった、何かの家電の緩衝材を使用。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20170305154334j:plain

 

発泡スチロールの上に底石を詰めます。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20170305154830j:plain

 

底石の上に、土を詰めていきます。もちろん、殺虫剤として、オルトランDXもふりかけ、元肥として、緩効性肥料のマグアンプを少量まぜます。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20170305155546j:plain

 

3.多肉寄せ植え開始

ある程度、土を入れたら、一度、植え替える多肉を並べて、レイアウトしてみてから一気に受け変え開始。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20170305160033j:plain

 

・多肉が思うような方向に向いてくれなかったり

・多肉用の土がサラサラで、多肉がすぐ倒れてしまったり

・多肉の葉っぱの間に、砂がいっぱい入り込んだり

・プロリフェラが思いのほか、細かくなってしまったり

・多肉の葉っぱが、ポロポロ取れてしまったり

 

などなど、困難を乗り越え、植え替え完成!

思った以上にすき間だらけですが、プロリフェラがどんどん増えてくれるでしょう。(取れた小さな葉っぱを、だいぶ土にまぜこぜにしました・・・)

f:id:Sanpo-yoshi2016:20170305160609j:plain

 

おまけとして、取れた葉っぱで、葉挿しも。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20170305161138j:plain

 

上げ底のおかけで軽くなった寄せ植えは玄関に移動、葉挿しは多肉棚の一番で、しばらく放置です。

寄せ植えで重要なのは、多肉の色の組み合わせですね!

次回までに、もっときれいな多肉を増やしていきたいです。

ふう。終了!

【スポンサーリンク】