多肉格闘記・入門編

多肉初心者の栽培日記です。

ワクワクの桃太郎(エケベリア)のみなり(実生)。極小の種をまくのが大変でした。

 

ども。

先週、収穫した桃太郎の種をまきました。(種採りの記事です↓)

www.taniku-life.com

多肉大先輩の実生をお手本にさせて頂いてますが、私はまだ、上手くいくかどうかわからない、現在進行形ですので、上手くいったら参考にして頂けたらと思います。今はまだ、「真似るなキケン」レベルです。

 

1.土の用意

底土用に赤玉土の中粒、種まき用には、市販の種まき用土を準備。 一応、熱湯をかけ殺菌をしてみました。加熱殺菌してある、種まき用土もあるので、そちらが便利ですね。ビニールポットに、底土を入れ、その上に種まき用土をのせる。途中、害虫予防のためのオルトランDXも混ざました。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20170520072648j:plain

土が用意できたら、プラスチックの容器に、トレーを収納。

 

2.ホーマイの用意

ネットで購入した、ホーマイを開けてみると、メリケン粉のような粉でした。1gを200倍に希釈。これを霧吹きに入れ、土に一振り。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20170520074215j:plain

 

3.種まき

桃太郎の種が非常に細かいため、固まって落ちないように、土に振りかけました。残った種は、次回もしくは、失敗したときにバックアップ用に保管。種を蒔いたら、また、ホーマイを霧吹き。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20170520074516j:plain

 

4.腰水(こしみず)

トレーが2/3ほど、浸るように水を入れて完成!あとは、表面が乾燥しないように、気がついた時に、霧吹き予定です。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20170520075526j:plain

 

こんな感じで、棚におき、しばらく様子見です。楽しみ!

f:id:Sanpo-yoshi2016:20170520075740j:plain

 

桃太郎の種ですが、何かに似ているなぁと思っていたのですが、昔、学研の付録についていた、シーモンキーの卵でした。これも、4、50代の人しか、わからないかもしれません。あのころカブトエビの方がほしかったことを思い出しました・・・。飼育やりたくなりましたが、また家族から白い目で見られるのだろうな…。では!

【スポンサーリンク】