多肉格闘記・入門編

2016年9月から多肉植物を育て始めました。元気で可憐な多肉植物を育てられるような栽培記録としていきたいです。

ファーマーズ三郷で多肉狩り。ケープブランコ、碧魚連(へきぎょれん)、七福美尼が仲間入り。

ども。

ファーマーズガーデン三郷店に行ってきました。

www.farmer-s.jp

ここのお店は、結構、多肉植物の種類がそろっています。

いつものことですが金欠なため、手ごろなものだけお持ち帰り。

 

ケープブランコ(セダム属)

原産地:中米

別名:白雪ミセバヤ

セダムで白粉系はめずらしいです。紙粘土のような萎れ加減だったので、たっぷり水をあげました。もう少しプクッとなってほしい。 

f:id:Sanpo-yoshi2016:20171211224254j:plain

 

寒さには強く、暑さや蒸れにはかなり弱いため、夏場は風通りのいい、日陰で育てる必要があるようです。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20171211224739j:plain

 

碧魚連(へきぎょれん:エキノス属)

原産地:南アフリカ

初のエキノス属です。口を開けた、青い(碧い)魚が連なっているような形から、名前がついたようです。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20171211230919j:plain

 

ネットで、多肉先輩方の紅葉している碧魚連の画像を見つけ、欲しかったものです。現物は結構小粒でした。紅葉は来年、もっと先かもしれません。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20171211231530j:plain

 

七福美尼(しちふくみに:エケベリア属)

七福神とミニマの交配種ではなく、養老とベラの交配種とのこと…ベラ?誰?出会ったことないです。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20171211234833j:plain

しかし、名前と交配親がまったく関係ないのはややこしいです。確かに、七福神とミニマの交配種と言われれば納得してしまう姿です。

多肉植物の世界は、園芸会のバーリトゥードですね。ではまた!

 

バーリトゥード=ポルトガル語で「何でもあり」の意味。最小限のルールで、素手で戦うフル コンタクト方式の格闘技イベントの名称。まだやってんのかな。

【スポンサーリンク】