多肉格闘記・入門編

2016年9月から多肉植物を育て始めました。元気で可憐な多肉植物を育てられるような栽培記録としていきたいです。

ラウリンゼ綴化(てっか)の解体。チビリンゼ4株目誕生です。

ども。

ラウリンゼの綴化(てっか)が、元気の成長しています。

綴化(てっか)は、成長点が線のため、くねくねと色々な方向に成長します。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20180513133726j:plain

 

過去、綴化株自体の解体、生えてきた正常ラウリンゼを解体してきました。

www.taniku-life.com

 

今回も正常(成長点のある)ラウリンゼが、結構な大きさになっていたので、分解しました。写真の真ん中です。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20180513134305j:plain

 

ちなみに、普通のラウリンゼと比較です。左のラウリンゼは、1年ほど前に、綴化から分解したラウリンゼです。いうなれば長男。立派になりました。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20180513134411j:plain

 

ハサミでカット。何とも言えない赤い肉です。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20180513134805j:plain


カットしたラウリンゼは、下葉を取って、挿し木にします。取った葉っぱも、葉挿しに。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20180513135030j:plain

 

細長い葉が、成長するにつれ、丸くなってくるのが不思議です。

ではまた!

【スポンサーリンク】