多肉格闘記・入門編

2016年9月から多肉植物を育て始めました。元気で可憐な多肉植物を育てられるような栽培記録としていきたいです。

恥をさらけ出して。エケベリア達の徒長(とちょう)状況

ども。

春から夏にかけて、気温が高くなってくると、水やり過多になってしまう私。今年も水のやりすぎによる、徒長(とちょう)をやってしまいました。

多肉植物の徒長の原因は、①日光不足、②水やりすぎ、③栄養過多、④風通しが悪い、などがあるようです。私の近所のホームセンターで売っている多肉は、ほぼ全品、徒長しています…。

私は屋外で多肉を育てているので、原因は②>③>④の順で、心当たりがあります。気がついたときには、時遅しで、元に戻すことはできません。

ヒョロヒョロ伸びてしまったものは、仕立て直して、形を整えることができるのですが、ロゼット状のエケベリアが徒長してしまった場合、寒くなって、形が整うのをただ願うのみ。

今回は、お見苦しい、徒長エケベリアのご紹介です。

 

花月夜の徒長

ネットで検索してみると、多くの方が徒長させておりました。徒長しやすい品種かもしれません…。葉が伸びて、ロゼットが開いてしまってます。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20180526134023j:plain

 

5週間ほど前の姿。もともと、葉っぱがギュッと詰まっている姿ではないです。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20180414114436j:plain

 

ルンヨニーの徒長

まさに、すきっ葉状態。狩ってきた当時の写真、記事なし。あら珍しい…。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20180526140134j:plain

 

ピンクプリティの徒長

ピンクでも、プリティでもない、ピンクプリティ

f:id:Sanpo-yoshi2016:20180526140549j:plain

 

半年前の姿。ちなみにグラプトベリアです。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20171115230341j:plain

 

徒長しやすいエケベリアはありそうですが、自分の不注意です。まだまだ、中級者にはなれませんね。では!

【スポンサーリンク】