多肉格闘記・入門編

2016年9月から多肉植物を育て始めました。元気で可憐な多肉植物を育てられるような栽培記録としていきたいです。

多肉植物・エケベリアを、初めてテグスカットにより、胴切りしました。

ども。

昨日は、ラグビー観戦に行く前に多肉仕事を実施。ちなみに、観戦は、日本vsニュージーランド(オールブラックス)、世界1位との差は、まだ大分ありました。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20181104092350j:plain

 

最近、多肉先輩方が、テグス(釣り糸)による、多肉植物、特にエケベリアの胴切りをやっておられ、私も触発されて、初めて、テグスにより胴切りに挑戦してみました。

選んだのは、エケベリア・ルンヨニー。徒長した葉もすっかり外側になり、 中心部は、本来の姿を取り戻しました。復活するものでね。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20181104093504j:plain

参考)徒長した姿と復活の様子

www.taniku-life.com

 

なぜ、ルンヨニーにしたかというと、子株がいっぱい生えてきたからです。”子吹き”と言うらしい。 (子供が吹き出ている様子からかな)

f:id:Sanpo-yoshi2016:20181104100754j:plain

 

家にあった、1号(糸の細さです)の釣り糸、テグス(正確には道糸です)を、胴切りしたい位置の、葉っぱの間に通して、輪をつくり、テグスを左右に、一気に引っ張ります。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20181104101727j:plain

 

プツンと簡単にカットできます。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20181104102159j:plain

 

切り口は、ハサミで切るより綺麗です。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20181104102331j:plain

 

子吹きした元株。これ以上増えては困るのですが、育てるしかない!

f:id:Sanpo-yoshi2016:20181104102708j:plain

 

徒長している、外周の葉は取ってしまい、後は、根が出るのを、待つだけです。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20181104102844j:plain

 

初めて、テグスによる胴切りをやってみたのですが、テグスカットは、葉と葉のすき間に入りやすい、切り口が綺麗など、非常にいいカットだとわかりました。(もう一回やりたくなり、次の獲物を探しています)

ちなみに、テグスは、釣り糸の総称です。では!

【スポンサーリンク】