多肉格闘記・入門編

2016年9月から多肉植物を育て始めました。元気で可憐な多肉植物を育てられるような栽培記録としていきたいです。

パキベリア・立田と花立田、仕立て直した紅葉祭りのその後について

ども。

今週、レスリングの吉田沙保里さんが引退会見をされました。選手としてやり切った、明るい会見でした。ホントにお疲れさまでした。

 

立田と花立田

パキベリアの立田は、普及種でよく見かける=育てやすい品種、ですが、私は今年の夏、枯らす寸前まで追いやってしまい、最近やっと人様に見せられる姿になったので、立田と花立田を並べてみました。

左:立田、右:花立田

f:id:Sanpo-yoshi2016:20190113113021j:plain

 

まったく違う品種のようですが、花立田は立田の白斑入りの品種です。斑は葉に対して縦に入っているため、葉っぱが縦にデコボコしていて、味がある形です。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20190113113402j:plain

普及種の立田も綺麗に育てたいですね。

 

紅葉祭り

今更なのかもしれませんが、紅葉祭りは、毎年、挿し木で育てた方が、見栄えがよく、きれいな形に育つようです。伸びてきた新芽を挿し木し、さらに伸びてきた茎をカットした鉢の現在の姿です。(ちなみに雨ざらしで育てています)

f:id:Sanpo-yoshi2016:20190113115035j:plain

 

参考)夏は真緑でした。

www.taniku-life.com

 

春から夏にかけて、どんどん成長し、伸びてきた新芽をカットして、土に挿しておくと、冬には、 ここまで紅葉させることができました。

ただ1点、残念なことは、増えすぎる…でしょうか。

【スポンサーリンク】