多肉格闘記・入門編

多肉初心者の栽培日記です。

多肉植物を夏育てる際の失敗をとりまとめ。直射日光と蒸れによる腐りを気を付け来年リベンジします!

ども。

もうすっかり秋っぽくなり、私の初めて多肉夏越えも終わったと思いますので、反省も込めて、夏超えについて、まとめておきます。

失敗のキズは癒えてませんが、2年目に向けてリベンジしますよ!と、実際、落ち込みましたのが、今回は吹っ切れるための懺悔の回です。

多肉植物の夏越えで失敗した点は2つです。

 

1.真夏の直射日光は多肉植物にもキツイ!

今年、関東地方は7月中旬だけ真夏がやってきた感じでした。直射日光で葉焼けすることは、多肉先輩方のブログ等で予習していたのですが、いきなりでしたので、遮光シートを買うのが1週間遅かったです。また、直射日光に弱い多肉を、日陰に移すなどの配慮も足りませんでした。それにより失敗した多肉例です。

 

①レッドエボニーの葉焼け

【葉焼け前】

www.taniku-life.com

【葉焼け後】 

f:id:Sanpo-yoshi2016:20170827100028j:plain

※黒く焦げているところです。

 

②熊童子の葉焼け

【葉焼け後】 

f:id:Sanpo-yoshi2016:20170827100948j:plain

※黒く焦げているところです。

 

③エボニーの葉焼け

【葉焼け後】 

f:id:Sanpo-yoshi2016:20170827101141j:plain

※黒く焦げているところです。ふぅ。

その他、他にもいくつか葉焼けを起こさせました。多肉が枯れてしまうことはありませんでした。でもかなりヘコみました。では、失敗したもう1点です。

 

2.夏の蒸れには要注意

夏場、2週間に1回程度しか、水をやらなかったのですが、土の状態や多肉の状態をみて、もっと水きりをしてもよかったと反省してます。また、水をやる時間帯も、夕方涼しくなってから水をやることを徹底したいと思います。では失敗例です。

 

①メキシカンジャイアアントが腐る

実はこれが一番ショックでした。古参でお気に入りのメキシカンジャイアントでした。

【腐る前】

7月上旬までは好調だったのです。 

www.taniku-life.com

 

【現在】

f:id:Sanpo-yoshi2016:20170827103005j:plain

生き残った葉っぱで。メキシカンジャイアントの葉挿しは難しいと思いながら、葉挿し継続中・・・。

 

②マーガレットレッピンが腐る

こちらは過去記事にまとめてあります。葉挿しで継続中です。

www.taniku-life.com

 

心機一転、ちゃんと育てます。ではまた! 

【スポンサーリンク】