多肉格闘記・入門編

2016年9月から多肉植物を育て始めました。元気で可憐な多肉植物を育てられるような栽培記録としていきたいです。

形が悪い多肉を仕立て直しました。エケベリア・トップシータービーとクラッスラ・紀ノ川の胴切り。

ども。

春は、春秋型の多肉植物の成長期で、いろいろ多肉事ができるいい季節です。

今回は、気にはなっていたけど、手をつけてなかった、多肉の仕立て直しを行いました。

 

トップシータービー

学名:Echeveria runyonii 'Topsy Turvy'

ルンヨニーの園芸品種。突然変異で葉が反対側に反り返った変わり者。丈夫で育てやすい品種です。我が家のものは、冬場は水を厳しめなのでシワシワです。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20190331170645j:plain

 

参考)ルンヨニー。ぜんぜん形は違います。

www.taniku-life.com

 

実は根元が大変なことになっている(笑)

やはりルンヨニーと同じく、子吹きしやすいエケベリアのようです。子供に押しやられて、逃げようとして、根っこが出ているのかな。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20190331171213j:plain

 

思い切ってハサミで胴切りしました。

これも、それぞれの成長が楽しみな株となりました。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20190331171652j:plain


紀ノ川

学名:Crassula 'Moon Glow'

稚児姿と神刀の交配種です。

初めに、1年ちょっと前の狩ってきた時の姿をご参照ください。

www.taniku-life.com

 

現在の姿・・・。ウルトラセブンに出ていた怪獣パンドン状態(古い例えです)

f:id:Sanpo-yoshi2016:20190331172242j:plain

 

こちらも思い切ってカット。胴切りというか、バラバラです。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20190331173011j:plain

 

結構小さいので、根が出てくれるか心配です。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20190331173100j:plain

 

ちなみに、パンドンです。

 では!

【スポンサーリンク】